正しく磨いてホワイトニング!正しい歯の磨き方とは?

「ホワイトニング歯磨き粉使ってるのに白くならない」
「どうやったらもっと効率的に白く出来るんだろう…」
「黄ばみが全然…落ちない…」

歯磨き粉で歯を白くしようと思った時に、思ったより歯が白くならずガッカリしてしまうことってありますよね。

がんばってゴシゴシ磨いてみたり…
なんとなくで磨いてみたり…

実は、そのブラッシング方法が歯が白くならない原因かもしれません!

正しい歯磨き方法を身に付けて、効果的に歯を白くしちゃいましょう!

【その1】まずは、歯磨き粉で白くなる限界を知る!

ホワイトニングハミガキを使えば、テレビに出ている芸能人やモデルさんのような「真っ白い歯」が手に入る!

…もしこんな風に思っているのならそれは「間違い」です。

残念ながら、日本で販売しているホワイトニング歯磨き粉と呼ばれているものには「歯を漂白する成分」は入っていません。

ですが、「本来自分の持っている歯の白さ」へ近付けていくことはできます。

これは長年蓄積した、

・着色汚れ(ステイン)
・タバコのヤニ

など、黄ばみの原因にもなる歯の表面に沈着した汚れをホワイトニング歯磨きに配合された成分で落とすことが出来るので「歯が白くなった!」と実感できるのです。

ですが、ただ何となくで磨いていては効果も出にくくなってしまいますし何よりもったいない!

元々継続した毎日のブラッシングが必要なホワイトニング歯磨き粉ですが、より効果的な磨き方を知っておくと安心して続けられます。

【その2】効果的な歯の磨き方を知る!

効果的な磨き方

あなたはこんなことをしていませんか?

1:歯磨き粉をつける前に歯ブラシを水で塗らす
2:とにかくゴシゴシがんばって磨く
3:いやいや!優しくなでるように磨く
4:磨いた後は念入りにうがいをして流す

残念ながらこちらは全てNGです!

【NG1】歯ブラシを水で塗らしてから歯磨き粉をつける

こちらがなぜダメかと言うと、

・泡立ちが良くなり「磨いた気になる」
・歯に歯磨き粉の成分が行き渡る前に「流れてしまう」

といった2つの理由からNGとなります。

口の中で歯磨き粉が良くあわ立つと「洗った!」という満足感が出てしまうので、細かい所の歯垢(プラーク)や汚れをしっかり落とす前に歯磨きを終えてしまうことが多くなります。

また、塗れている歯ブラシに歯磨き粉をつけることで歯にしっかり成分が行き渡る前に泡と共に流れてしまい本来の効果が十分発揮できません。

このことにより「乾いた歯ブラシに歯磨き粉をつける」が正解となります。

【NG2】とにかくゴシゴシがんばって磨く

こちらは特にNGとなります。

・歯ブラシの「かため」で磨く
・力を入れて歯を強く磨く

このことにより、歯の表面のエナメル質を傷つけてしまい歯が染みやすくなったり、ゴシゴシ磨くことで歯ぐきも少しずつ削ってしまうため、歯茎が下がって歯が長く見えひどい場合は知覚過敏になってしまいます。

また、傷ついた歯の表面には汚れが溜まりやすくなるため余計に歯が黄ばむ原因をつくってしまいます。

さらに、ゴシゴシ磨くだけでは歯と歯の隙間などの細かい箇所に毛先が届かず磨き残しの原因にもなります。

このことにより「歯磨きは強い力でゴシゴシしない」が正解となります。

【NG3】やさしく撫でるように磨く

「ゴシゴシがだめなら撫でるように磨けばいいの?」

と思いがちですが、撫でているだけでは汚れを落とすことはできません。

・歯ブラシの持ち方を「ペングリップ」(鉛筆を持つように)する
・入れる力は「150~200g」程度の軽い力にする
・毛先を歯にきちんと当て小刻みに動かして磨く
・隅々まで丁寧に磨く

が正解になります。

【NG4】磨いた後は念入りにうがいをして流す

ついついやってしまいがちですが、実はこちらもNGとなります。

歯磨き粉によっては、歯をコーティングして虫歯から守ってくれるフッ素などの有効成分が含まれています。

歯磨き粉の味がしなくなるくらい水で口の中をゆすいでしまうと、これらの有効成分が洗い流されてしまうため「磨いたのにもったいない!」という現象が起こります。

歯に有効成分を残しておくためにも、「少量のお水(15ml程度)でゆすぎは一回」が正解となります。

【その3】正しい磨き方で磨く!

正しい磨き方

何より大切なのが「歯面に毛先をきちんと当てて磨く」ということです。

スクラッピング法

歯ブラシの毛先を歯面に直角(90度)にあてて磨く方法。

歯の表面を磨く際はこのスクラッピング法で磨きます。

バス法

歯ブラシの毛先を歯と歯ぐきの境目に45度の角度に当てて磨く方法。

歯と歯ぐきの隙間を磨く際はこのバス法で磨きます。

小刻みに動かして磨く

歯ブラシは大きく動かすのではなく、1~2歯ずつ磨く感じで小刻み(1~2mm幅)に歯ブラシを動かし丁寧に磨きます。

小刻みに動かすことで、歯と歯の間や歯と歯茎の間にブラシが入り込み汚れをしっかり落とすことが出来ます。

順番を決めて磨く

歯磨きをする時にどうしても起ってしまう「磨き残し」。

急いでいる時や考え事をしている時などは特にありがちです。

磨きやすい部分や磨き慣れている部分はきれいに出来ますが、奥歯や歯の裏側などはどうしても磨き残しが起こりがちになります。

そこで、磨く順番を決めておくことで磨き残しを減らすことが出来ます。

例えば、

1.上の歯の表面(左の奥歯から前歯を通り右の奥歯へ)
2.上の歯の裏面(右奥歯の裏から前歯の裏を通り左奥歯の裏)
3.左上奥歯の噛み合わせ
4.右上奥歯の噛み合わせ
5.下の歯の表面(左の奥歯から前歯を通り右の奥歯へ)
6.下の歯の裏面(右奥歯の裏から前歯の裏を通り左奥歯の裏)
7.左下奥歯の噛み合わせ
8.右下奥歯の噛み合わせ

など、自分の磨きやすいところから順番を決め磨き残しが無いようにします。

ブラシの動かし方を工夫する

歯ブラシは毛先の表面だけではなく、先端(つま先)部分やキック(かかと)部分を使うことで歯の磨きにくい箇所を磨くことが出来ます。

また、ヨコに動かすだけではなく場所によってタテに動かすのも効率的です。

例えば、

・奥歯の後ろ側…ブラシの先端部分を使い小刻みに磨く
・奥歯の手前側…ブラシのかかと部分を使い小刻みに磨く
・前歯の裏側…ブラシを立てて掻き出すように磨く

このように箇所によって使い方を分けるとより丁寧に歯を磨くことが出来ます。

注意
歯ブラシの交換は1ヵ月が目安です。

毛先が広がった状態では汚れが落ちにくくなるので、積極的に新しいハブラシへ交換しましょう。

【その4】さらに効果的な方法を取り入れる!

効果的な方法

毎日の歯磨きをより効果的にするには歯磨き粉以外の方法やアイテムを取り入れるとより歯をキレイに保つことが出来ます。

1:ハミガキの前のうがい

歯磨きは基本的に、朝と夜(就寝前)の2回は必須です。

特に寝ている間に菌が繁殖するため「就寝前」は必ず行うようにしましょう。

そして、ハミガキをする前に意識的にブクブクうがいをすることで歯と歯の間に挟まった食べかすなどを取り除くことができます。

・口の前側に水を貯め、上の前歯を意識して10秒程度ブクブクうがい
・口の前側に水を貯め、下の前歯を意識して10秒程度ブクブクうがい
・口の右頬の裏に水を貯め、10秒程度ブクブクうがい
・口の左頬の裏に水を貯め、10秒程度ブクブクうがい
・最後にのどに水を貯め、ガラガラうがい

このように口の中のそれぞれの箇所を意識してうがいすることで、ハミガキ前に余分な汚れを落としておくことが出来ます。

意識しないでブクブクうがいをした時と、意識した時では水を吐き出した後の汚れにあきらかな違いが出ます。

早速試してみてください。

2:歯磨き後のデンタルフロス

実はこのフロスはかなり重要です。

歯ブラシだけではどうしても取りきれない、歯と歯の間の汚れや歯と歯茎の間の汚れをフロスを使えば取り除くことができます。

特に、奥歯の歯と歯茎の間の汚れはフロスを使わないと取れないことが多いので出来れば毎日、できなくても週に1回以上はしてあげたいです。

また、糸ようじや歯間ブラシなどフロスにも種類がありますがおすすめは「自分で長さを切って使う糸状のフロス」です。

歯と歯の間だけではなく、歯と歯ぐきの間にもスルッと入り込むので使いやすくなっています。

3:歯医者さんでクリーニング

「ホワイトニングしたい!」

と思った時はまず、歯医者さんでクリーニングをしてもらうことをオススメします。

・今歯に付いている着色汚れ(ステイン)
・歯の隙間の歯垢や歯石

などなど、今現在歯に付いている汚れを落としてくれます。

汚れが付いた状態からホワイトニングをはじめるよりも、歯をきれいにした状態からはじめたほうが効果的です。

また、「磨き残しやすい場所はどこか?」「どこが汚れていたのか?」など歯医者さんに聞けば教えてもらえますので今後の歯磨きにも役に立ちます。

ちなみに、

・保険診療の場合、3000円~4000円程度
・自費診療の場合、8000円程度

となり、歯医者さんによってもどちらになるのかが違いますので予約の際に確認をしておくと安心です。

番外編:マウスウォッシュ

マウスウォッシュには2種類のものがあります。

・液体ハミガキ
・洗口液

液体ハミガキとは?

液体ハミガキは、その名の通り液体タイプのハミガキなので「ハブラシと一緒に使うもの」です。

液体を口に含みよくすすいだら、口を水ですすがずそのまま歯ブラシでブラッシングをします。

洗口液とは?

こちらは歯磨きは不要で、外出先などで歯磨きができない時や口の中が不快な時に使用するものです。

液体を口に含み、20~30秒間よくすすいだら吐き出します。

その後は水ですすぐ必要はありません。特に医薬部外品のものなどには有効成分が含まれているためすすがないほうが効果的です。

こういったマウスウォッシュを日常に取り入れることで、口内のすみずみまで薬剤を行き渡らせより積極的なケアができます。

まとめ

歯を磨く際、毎日のことなのでなんとなしに磨いてしまうことってありますよね。

ですが、ホワイトニングの効果をしっかり実感したい場合は今一度「正しい歯の磨き方」を見直しておく必要があります。

正しくブラッシングすることで、日々の汚れ(プラークやステイン)を落としていくことが出来ますし白い歯をキープすることができます。

ですが、何となく歯磨きを続けてしまうことで着色汚れが溜まり歯の黄ばみの原因になってしまいます。

・歯磨き粉は乾いたハブラシにつける
・歯ブラシはペングリップ(鉛筆持ち)でにぎる
・力はゴシゴシせずに、軽く小刻みに磨く
・歯面にブラシをしっかり当て「スクラッピング法」「バス法」で磨く
・磨く順番を決め、1本1本丁寧に磨く
・歯の箇所によって、ブラシの先端やかかとを使い分ける
・歯磨き後のうがいは、軽く1回で終える
・就寝前の歯磨きは必ず行う

意識して歯磨きをすることで効率的にホワイトニングができ、白い歯をキープすることができます。

ですが、日々の食生活や喫煙などでどうしても着色汚れなどは積み重なってしまいますし、どうしても磨き残しが出てきてしまいます。

半年に1回歯医者さんで歯のクリーニングを行うことでよりキレイに保つことが出来ますのでクリーニングをしたことの無い人は一度歯医者さんへ行くことをおすすめします。