「ホームホワイトニング」と「オフィスホワイトニング」の違い

歯を白くすることは審美性の追求で重要な要素です。

そして「ホワイトニング」を利用したいと思ったとき、「ホームホワイトニング」と「オフィスホワイトニング」という2つの方法があります。

こちらでは、この2つの方法の違いについて解説します。

自宅で出来る!ホームホワイトニングとは?

「ホームホワイトニング」とは、名前の通り自宅で実施するホワイトニングのことです。

後述するオフィスホワイトニングと基本的な仕組みは同じなのですが、歯科医院ではなく自宅で薬剤を使用して歯を白くします。

ホームホワイトニングでは、ホワイトニング剤を使用する際に「マウスピース」を使用します。

専用のマウスピースにホワイトニング剤を注入し、これを歯に装着することでホワイトニング剤を歯に浸透させるという仕組みです。

歯医者で行う!オフィスホワイトニングとは?

「オフィスホワイトニング」とは、ホワイトニングに必要なことを歯科医院で完結させるホワイトニングのことです。

歯科医院でホワイトニング剤を塗布し、これに特殊な光を当てることで高いホワイトニング効果を発揮します。

オフィスホワイトニングでは、ホームホワイトニングで使用するホワイトニング剤よりも高濃度の薬剤を使用します。

また、口腔内のチェックや歯石除去を受けることにより、虫歯などの早期発見につながるという点も魅力です。

オフィス・ホーム、2つのホワイトニングの効果の違いは?

1つ目は歯が白くなるまでの期間です。

一般的にオフィスホワイトニングの方が短期間で歯が白くなります。

使用する薬剤がホームホワイトニングよりも高濃度であり、1回の施術で十分なホワイトニング効果を得られるケースもあるのです。

2つ目は歯が色戻りするまでの期間です。

一般的に、ホームホワイトニングの方が施術後の色戻りまで期間が長いといわれています。

これは自宅で毎日ホワイトニングを行うことにより、ホワイトニングの効果を長続きさせやすいことが理由です。

「デュアルホワイトニング」という選択肢もあり

ホワイトニングは大きく分けてホームとオフィスの2つですが、これらを合わせた「デュアルホワイトニング」という方法があります。

デュアルホワイトニングは、オフィスホワイトニングを行い、補助的にホームホワイトニングを行うという方法です。

オフィスホワイトニングにより短期間で歯を白くして、ホームホワイトニングで継続して歯を白くするため、短期間で効果を実感できて長期間の白さを実感できるというメリットがあります。

まとめ

ホームホワイトニングとオフィスホワイトニングは歯を白くするという点は同じですが、効果の出方が大きく異なります。特徴を把握して適切な方法を選択してください。