あなたは市販?それとも通販?ホワイトニング歯磨き粉の効果と選び方とは?

ホワイトニング歯磨き粉と言われると「手軽に磨いて歯が白くなる!」というイメージがありますよね。

残念ながら、歯磨き粉には歯を漂白する成分が入っていないため「芸能人のようなまっ白い歯」にすることはできません。

ですが、歯の表面の汚れ(着色汚れやステイン)を落とし、続けることであなたのもっている「本来の歯の白さ」に近づけていくことはできます。

また、ホワイトニング歯磨き粉には

・市販で買えるホワイトニング…薬局やドラッグストアなど店舗で買えるもの
・通販で買えるホワイトニング…通販でしか販売していないもの

といった種類のものもあります。

では「歯を白くしたい!」と思った時に、何を選べば効果的に歯を白く出来るのでしょうか?

ここでは、ホワイトニング歯磨き粉の効果や選び方について解説します。

そもそも「ホワイトニング歯磨き」とは?

前項でもお話の通り、ホワイトニング歯磨き粉には「歯の表面に付着した汚れを落とす成分」は入っていますが、「歯、自体を白くする薬剤」は入っていません。

歯を漂白する薬剤は「過酸化水素」や過酸化水素より刺激の弱い「過酸化尿素」というもので、これは歯科医と歯科衛生士しか取り扱うことが許されていないためです。

これは薬事法で決められているため、日本で販売しているホワイトニングハミガキには「歯を漂白する」薬剤は入れることができない…ということになります。

そのため、ホワイトニング歯磨き粉とは歯を白くするというよりも「歯の表面をクリーニングする」というものになります。

ではなぜ「ホワイトニング歯磨き」というの?

人の歯は、飲食(コーヒー・紅茶・赤ワインなど)や嗜好品(タバコのヤニ)といった日々の生活による着色汚れで段々と黄ばんで行きます。

また、磨き残しによる歯石や歯周病、虫歯や加齢といったものも原因で歯が黄ばんでしまいます。

この蓄積した黄ばみ(着色汚れやステイン)は普通の歯磨き粉では落とせません。

そこで、歯の表面に付着した汚れを落とす成分が配合されたホワイトニング歯磨き粉を使うことで汚れを落とし歯を白くすることが出来るのです。

この「歯を白く」というのは、「本来の歯の白さを取り戻す」がイコールになります。

そのため、元々の歯が黄色い人にとっては効果が感じられにくくなりますが、元々の歯が白い人は「白くなった!」と感じやすくなる特徴があります。

ですが、既に汚れや着色の無い白い歯をトーンUPすることはできません。

よくホワイトニングハミガキの商品の口コミなどを見て、人によって効果の感じ方が違うのはこのためです。

ホワイトニングハミガキの「着色汚れを落とす成分」とは?

ホワイトニング歯磨きでは大きく2つの方法で着色汚れを落とします。

1:着色汚れを、研磨剤で削って白くする
2:着色汚れを、浮かせて落とす

市販で販売されているホワイトニング歯磨きには1:の研磨剤が含まれているものがほとんどです。

この研磨剤は基本的に「歯の表面を傷つけずに、歯垢やステインなどの歯面の汚れを落とす」という目的で配合されています。

ですが研磨剤の含まれた歯磨き粉の注意点として、毎日のブラッシングでゴシゴシしてしまうと少しずつ歯の表面(エナメル質)を削ってしまうことがある点です。

エナメル質が削られると細かい傷ができますが、この傷には汚れがつきやすく汚れが詰まりかえって汚く見えてしまうという悪循環になります。

さらにひどい場合は、エナメル質の下にある神経の通う象牙質がむき出しになり、刺激が伝わりやすくなり知覚過敏になってしまうこともあります。

研磨剤は着色汚れ(ステイン)を落としてくれますがこういったデメリットもあることも知っておく必要があります。

そこで、「研磨剤不使用」のホワイトニング歯磨きが注目されています。

研磨剤を使わないで着色汚れを落とすには?

歯の表面を傷つけてしまう研磨剤を使わなくても着色汚れを落とすことができます。

それが2:の着色汚れを浮かせて落とす方法になります。

そのためには下記のような成分が配合されたホワイトニングハミガキを選ぶ必要があります。

・ポリリン酸ナトリウム
・メタリン酸ナトリウム
・薬用ハイドロキシアパタイト

など。

研磨剤の入っていないホワイトニング歯磨きには、着色汚れを浮かせて落とす成分が必要なので要チェックが必要です。

市販で売ってるホワイトニング歯磨き粉の特徴とは?

市販のホワイトニング歯磨き粉といえば、

・ピュオーラナノブライト
・オーラツープレミアム
・アパガードプレミオ

などがあり、薬局やドラッグストアで気軽に購入できます。

そこで気になるのが「研磨剤」ですが、やはり市販で購入できるホワイトニングの場合は研磨剤が配合されているものが多くあります。

ですが、最近では汚れ落としの研磨剤が入っていても多すぎない(強すぎない)傾向があります。

研磨剤=すべてが悪!

と言うものではないので、それぞれの特徴を見てみたいと思います。

ちなみに、研磨剤は「研磨剤」と表記せずに「基材」や「清掃剤」として表記することができます。

研磨剤と書くとやはりイメージが悪いため、基材や清掃剤と表記している商品がほとんどです。

「研磨剤って書いてないからOK!」と思ったら間違いですので注意が必要です。

ピュオーラナノブライトの研磨剤とは?

ピュオーラナノブライトには、

・無水ケイ酸(シリカ)
・粉末セルロース

という2種類の研磨剤が配合されています。

無水ケイ酸(シリカ)は、最も一般的な研磨剤(ガラスの主成分)なので硬度が高く汚れが落ちやすくなりますがその分歯の表面も削れやすくなる研磨剤です。

ですが、無水ケイ酸の場合は粒子の大きさや物性を製造の過程で様々に調整(小さくしたり粘度調整剤としても使うことが出来る)ので一概に悪い!とは言い切れません。

また、通常の歯磨き粉は研磨剤や清掃剤がメインで作られる所をピュオーラの場合は、エリスリトールという清浄剤を半分近く配合し研磨剤の量を減らしています。

粉末セルロースは食品でも使われる成分で、硬度は不明ですがさほど高くはないと言えます。

オーラツープレミアムの研磨剤とは?

オーラツープレミアムには、

・無水ケイ酸(シリカ)

が使われています。

製品の特徴としては、

1:ステインコントロール成分(溶解剤)でステインに仕込み溶かし出し
2:シャイニーホワイト成分(清掃助剤)が清掃剤(無水ケイ酸)とともにステインを効果的に落とし
3:歯の表面がツルツル&白くつややかな歯に!

というホワイトニングハミガキになります。

ちなみに、

ハミガキに含まれる清掃剤(研磨剤)が歯の表面を傷つけることはありませんか?

という問いに対し、

弊社ハミガキに含まれる清掃剤(研磨剤)は、歯の表面のエナメル質よりも柔らかいため、正しい使用方法であれば、歯の表面を傷つけることはありません。

という回答をしています。

アパガードプレミオの研磨剤は?

アパガードプレミオには研磨を目的とした成分は入っていません。

アパガードを作っているサンギ独自の薬用成分「薬用ハイドロキシアパタイト」を配合し3つの効果があります。

1:歯垢を吸着除去
2:エナメル質表面の目に見えないミクロの傷を修復
3:エナメル質表層化にミネラルを補給(再石灰化)

エナメル質を整え、つややかな歯本来の美しさを引き出すと共に3つの作用でむし歯予防も行えます。

なお、薬用ハイドロキシアパタイトで虫歯予防ができるため、虫歯予防効果のあるフッ素はあえて配合していません。

ちなみに、

・薬用ハイドロキシアパタイト…ザンギの独自成分で分子の大きさもナノ分子と小さく研磨剤目的ではない
・ハイドロキシアパタイト、ヒドロキシアパタイト…「薬用」が付かないものは研磨剤

という違いがあります。

以上のように、市販の歯磨き粉によっても研磨剤の配合量や種類、ありなしなどが異なります。

通販で売っているホワイトニング歯磨き粉の特徴は?

通販で売っているホワイトニング商品の場合、研磨剤を使っているものももちろんありますが、どちらかと言えば「研磨剤不使用」の商品が多く存在します。

例えば、

・はははのは
・ちゅらトゥース
・ZEROクリスタル

など。

研磨剤を使用せず、「着色汚れを浮かせて落とす」タイプの歯磨き粉となります。

また、アパガードのシリーズ最上位品「アパガードロイヤル」は市販では買えず、通販専用商品となっています。

はははのはのホワイトニング成分とは?

はははのはは、薬用ホワイトニングジェルでいつものハミガキをコレに替えるだけでホワイトニングができます。

・ポリリン酸ナトリウム
・メタリン酸ナトリウム
・パパイン

主なものはこの3種類で、ポリリン酸ナトリウム&メタリン酸ナトリウムでステインを浮き上がらせ、パパインでたんぱく質を分解、美白に導きます。

他にも、天然の界面活性剤(ソープナッツ)が浮かび上がった歯の汚れに入り込み、完全無農薬の10種類のオーガニック成分で歯の表面をコーティング。

汚れをつきにくくする。といった特徴があります。

ちゅらトゥースのホワイトニング成分とは?

ちゅらトゥースも、薬用ホワイトニングジェルタイプですがいつもの歯磨きの後に使うと効果的なホワイトニングです。

・ポリアスパラギン酸
・リンゴ酸

主なものはこの2種類で、ポリアスパラギン酸(PAA)のアミノ酸高分子が、汚れを浮かせて、はがして落とし、リンゴ酸で浮かせた汚れ(着色汚れ)をつきにくくします。

さらに、歯ぐきも健康にするビタミンCを配合し、虫歯リスクをトコトン減らす新成分GTOを配合!

といった特徴があります。

ZEROクリスタルのホワイトニング成分とは?

ZEROクリスタルは上記の2つと違ったタイプのホワイトニングで、「LED付き電動歯ブラシ」+「ホワイトニングジェル」の2つを使い歯を白くします。

・酸化タングステン
・酸化チタン
・ヒドロキシアパタイト

主なものはこの3種類で、歯ブラシのLEDを当てることで酸化タングステンが汚れを浮かせて自働洗浄。分解・除菌・消臭します。

そして、酸化チタンに青色LEDライトが当たることで、ステインなどの着色汚れを除去・コーティング。

さらに、ヒドロキシアパタイトが歯の表面のミクロの傷を生めて修復。歯垢やステインの再付着を防止します。

ちなみに、このヒドロキシアパタイトは研磨剤として使用していないためZEROクリスタルは「研磨剤不使用」のホワイトニングになります。

以上のように、研磨剤不使用のホワイトニングハミガキでも配合されている成分はさまざまなので、自分に合ったものを選ぶ必要があります。

ホワイトニング歯磨き粉の海外製品の特徴は?

実は、海外の「ホワイトニング歯磨き粉」には日本では一般の歯磨き粉に認可されていない「過酸化尿素」入りの歯磨き粉が普通に販売されています。

ですが、日本国内で会社として海外製の商品を販売したい場合は、過酸化尿素を入れることが出来ないので別の薬剤に変更して販売されます。

例えば、全米No.1ドクターズブランドの「supersmile(スーパースマイル)」が分かりやすい例で

・日本で売られているパッケージ…緑色
・海外で売られているパッケージ…銀色など

と、見た目が代わり中身の成分が日本国内用に変更されています。

・ホワイトニング効果は、米国販売品と一切変わりません。
・有効成分の配合濃度はそのままに、日本の薬事法で禁止されている添加物を無添加、認可成分に代替しています。

といった形で販売されています。

過酸化尿素入りの歯磨き粉を買うことが出来る!?

歯を白く、漂白する成分「過酸化尿素」が入っている海外の歯磨き粉は実は買うことが出来ます。

・個人輸入をしているサイトから買う(例:BUYMAなど)
・海外に行った時に売っている商品を買う

また、日本では未発売の過酸化尿素入り「supersmile スーパースマイル ホワイトニング アクセラレータ」であればAmazon経由でも購入することが出来ます。

ですが、並行輸入品や個人輸入品は品質の保証などは一切ついていないため自己責任での購入が必要となります。

結局どのホワイトニング歯磨き粉を選べばいいの?

ホワイトニングハミガキを選ぶ時に「歯を絶対傷つけたくない!」と言う人は、「研磨剤不使用の歯磨き粉」を選ぶのが良いでしょう。

ですが、研磨剤不使用の場合、市販で売られている歯磨き粉より割高となっていて多くはネット通販からしか購入することができません。

「多少の傷つきは仕方ない!」と思った場合は、「研磨剤が少ない(優しい)」歯磨き粉を選ぶと安心です。

歯を白くするポイント!

どちらを選ぶにせよ、「ホワイトニングしたい!」と思った時は一度歯医者さんで「歯のクリーニング」を行ってみてください。

・着色汚れステインを落としてくれる
・歯垢や歯石をキレイにしてくれる

と、汚れた歯の状態を本来の歯の状態に戻してくれます。

ですが、クリーニングはあくまで「きれいにする」のであってホワイトニングではありません。

そこから、

・きれいになった歯を維持したい…ホワイトニング歯磨き粉
・更に白くしたい…セルフホワイトニング、オフィス・ホームホワイトニングを検討

といった選択肢が産まれてきます。

また、歯磨き粉でホワイトニングを頑張りたい場合はやはり汚い状態からスタートするよりも、歯科医でのクリーニング後に行ったほうが効率的です。

まとめ

ここでは市販と通販、海外製品の違いをそれぞれ紹介しました。

日本で販売されているホワイトニング歯磨きには「歯を漂白する成分」は入っていませんので、歯自体を真っ白にすることはできません。

歯を漂白する薬剤は、

・過酸化水素(刺激が強い)
・過酸化尿素(刺激は弱め)

となり、薬事法で歯科医や歯科衛生士しか扱えないものとなっています。

ですが、日本で販売しているホワイトニング歯磨き粉で着色汚れを落とし「本来自分の持っている歯の白さ」へすることは可能です。

着色汚れを落とす方法として、

・研磨剤で削り落とす
・着色汚れを浮かせて落とす

という2つの方法があります。

歯磨き粉のそれぞれの特徴としては、

・市販…研磨剤入りのものが多い、研磨剤にも種類がある
・通販…研磨剤不使用のものが買える、市販のものより高い
・海外…日本では配合できない「過酸化尿素入り」の歯磨き粉が売っている

となります。

海外製品は、直接海外で購入するか個人輸入や並行輸入といったサイト経由でも買うことが出来ますが、全て自己責任となります。

以上をふまえて、自分に合ったホワイトニングハミガキを選んでみてください。