ホワイトニングは安全?【副作用などの危険性】

「ホワイトニング」について調べてみると「薬剤」を使用することがわかります。

薬を使用するとなると、副作用などの危険性が無いのかと疑ってしまうのではないでしょうか?

そこで、ホワイトニングの安全性について解説します。

ホワイトニングで使用する薬剤の成分とは?

ホワイトニングでは、どの方法でも基本的に「ホワイトニング剤」を使用します。

これには歯の着色汚れを落とす成分などが含まれているのですが、主成分は「過酸化水素」もしくは「過酸化尿素」です。

過酸化水素は漂白剤や殺菌剤などに使用されている成分であり、強力な酸化力と腐食性を持つ成分でもあります。「そんな成分を口の中に入れるなんて危険なのでは?」と思われる方もいるかもしれません。

ホワイトニング剤は大丈夫?その危険性とは

一般的なホワイトニング剤は、副作用などのリスクは低いといえます。

まず、歯科医院で利用する「オフィスホワイトニング」の場合、施術はすべて歯科医師が行うので、ホワイトニング剤を使用しても危険性は少ないのです。

一方で、歯科医師ではなく利用者が自分で行う「ホームホワイトニング」の場合は使用する薬剤の成分がオフィスホワイトニングで使用する薬剤よりも弱いので、よほど間違った使用法を実践しない限り危険性は低いです。

ホワイトニングを避けた方が良い人とは?

ホワイトニングを利用しない方が良いケースもあります。

例えば「虫歯がある人」です。

虫歯があると薬剤がしみて痛みを感じる可能性があります。

同様の理由から歯周病や知覚過敏、歯にヒビや傷のある人も痛みのリスクがあるので、治療が先決です。

また、「無カタラーゼ症の人」もホワイトニングは問題です。

ホワイトニング剤の過酸化水素を分解できず、口腔壊死などを起こすリスクがあります。

他にも「光過敏症」の人は、オフィスホワイトニングで使用する特殊な光で皮膚症状が発生する可能性があります。

ちょっと待って!薬剤の「個人輸入」の危険性

ホワイトニングにおいて危険性を考慮すべきなのは、「個人輸入」で安全性の確認できないホワイトニング剤を購入することです。

そして問題なのは、「危険な濃度」や「危険な成分」が含まれているホワイトニング剤を購入・使用することです。

医師の指示ではない完全自己責任となる個人輸入では、ときに安全性の確認できない医薬品を販売していることもあります。

安全ではない濃度の薬剤や、日本では認可されていない成分が含まれた薬剤を使用すれば、何らかの健康被害が発生する可能性があるのです。

まとめ

通常のホワイトニングであれば、副作用などの健康被害のリスクは極めて小さいといえます。

ただし、特定の症状がある人や、個人輸入でホワイトニング剤を購入する危険性などは考慮する必要があります。